本文へ移動

太陽光パネル 2019年問題

2019年問題ご存知ですか?

2009年に「余剰電力買取制度」がスタートしました。
 
余剰電力買取制度における売電期間が「10年間」と制限があるため、制度開始から10年目の2019年に売電期間満了を迎える設置者が増えます。
 
期間後も売電ができるか?など、知らない方が多くいらっしゃいます。
 
全ての設置者が2019年問題の影響を受けるわけではありませんが、対象者と非対象者がいらっしゃいます。
詳しくはこちら→資源エネルギー庁
 
電力会社との電力売買終了後に、太陽光パネル撤去は屋根工事業者だからこそ出来ることがあります。
 
ただ太陽光パネルを撤去するだけだと、雨漏りの原因になったり致します。
 
撤去する際に、屋根のプロにお任せいただければ、根本から補修・点検出来るのでご心配はいりません!!
 
必ず、お声掛けください。
 
TOPへ戻る